お知らせ

2021年度の総会が開催されました 新着情報

特定非営利活動法人食の安全を確保するための微生物検査協議会 の2021年度定期総会は、2021年6月2日水曜日10時30分から、中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)2階席にて開催されました。

正会員(個人)として名簿に登載済みの33名中29名が2021年も会員を継続する意思が確認できましたが、うち25名が出席(委任状を含む)しました。また、正会員(団体)として名簿に登載済みの23機関中22機関が2021年度も会員を継続する意思が確認できましたが、うち19機関が出席(委任状を含む)しました。よって、定款の定めにより総会は成立しました。

2020年度事業報告書と2020年度活動計算書の案を提案したところ、審議の結果、原案どおり承認されました。

続いて、役員改選の件(第6期役員選任)が提案されました。NPOの役員は関係法令により任期が2年間と定められていることから、西暦の奇数年に開催する総会では役員の改選が必要となります。今回は第5期の役員から立候補の意思の表明がありましたが、それ以外の正会員から立候補の意思表明がなかったことから、第5期の役員全員を重任させる案をご提案しました。審議の結果、原案どおり承認されました。

当協議会はNPO法人化後10年を経過し、事業環境も大きく変わってきています。また、会員の皆様から様々なご意見も頂戴しています。こうした経緯を踏まえ、2020年度の1年間、理事会において議論を重ねてきました。その結果、協議会の名称変更を含む定款の改定を検討するに至りました。そこで、会員の皆様に名称変更に関するご意見をうかがうべきではないかとの結論となりました。この総会において、会員向けアンケート調査実施の可否、調査内容についてご審議をいただきました。審議の結果、アンケート調査の内容を一部修正し、年内にアンケートを実施することが議決されました。

報告事項として、2021年度の事業計画、2021年度の活動予算、の報告がありました。

(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

第6期の役員が選任されました 新着情報

第6期の役員(任期2年)が総会で選任されました。第6期の役員は第5期の役員12名全員が重任することとなり、再任となりました。

総会終了後に再任となった役員による理事会において、互選により理事10名と監事2名を選任しました。さらに、理事のうち代表理事となる「理事長」1名、「副理事長」2名、庶務を担当する「事務局長」1名を、互選により選任しました。

選任された役員は「当協議会について」より「役員名簿」をご覧ください。

(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

2021年度講演会が開催されました 新着情報

2021年度の講演会『食品衛生に係る最新の話題~国産食品輸出促進への取組みとカンピロバクター対策~』が開催されました。

遠隔地の方、時間が取れない方、コロナウイルス感染症の関係で会場に足を運べない方のため、今回もWebによる“Live配信”をお届けしました。会場は密を避けるため、入場者数を100名程度に限らせていただきましたが、Live配信で多くの方にご視聴をいただくことができました。

Live配信から質疑に参加することもできますので、チャット機能でお寄せいただきましたものは、パネルディスカッションにおいて取上げさせていただきました。

講演1:国立医薬品食品衛生研究所 食品衛生管理部長 朝倉 宏 先生『鶏肉等におけるカンピロバクター汚染低減対策とその有効性評価について』

講演2:農林水産省 大臣官房審議官 (併 食料産業局、厚生労働省医薬・生活衛生局)道野 英司 先生『農林水産物・食品の輸出促進について ー輸出先国の安全規制への対応―』

大臣官房審議官の要職にある道野先生にご講演をいただくという、得難い機会をご提供することができました。(道野先生が急な会議に出席のため、講演の順序を入れ替えております)

休憩後には、総会で審議した2020年度の事業報告、収支実績、アンケート調査、2021年度事業計画、活動予算、入会のご案内などを、お知らせさせていただきました。続いて、理事長の五十君より、第6期の役員をスライドでご紹介させていただきました。

その後、講師を務められた朝倉先生、道野先生に座長を務められた貞升健志先生(東京都健康安全研究センター)と五十君靜信先生(東京農業大学)の4名で、パネルディスカッションを展開していただきました。ご参加の皆様からの質問にも回答をしていただきました。

講演会の内容は、会誌「食の安全と微生物検査第11巻第1号」に収載のスライドハンドアウトをお手元に置いていただき、後日掲載予定の定期通信第50号をご覧いただくことで、ご確認いただけます。また、Live配信した講演会の様子は動画として記録しておりますので、Vimeoでアーカイブ配信いたします。配信は会員に限定させていただきますが、ご都合の良いお時間にご覧いただくことができます。 アーカイブ配信の利用法はこちらでご案内しています。

(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

研修会の講演等がVimeoを通じてご覧いただけます 新着情報

会場にお越しになれなかった方のために、今回の講演会においては3月の研修会に続いて、専門家の支援を受けて“Live配信”を行いました。配信したデータをアーカイブ配信いたします。

配信は当協議会の会員に限らせていただきます。配信はVimeoを通じて行います。視聴するデータのURL及び取得に必要なパスワードについては、以下の方法でご入手いただけます。

入手方法:下記の庶務担当のアドレスにメールで、会員番号と、団体会員の場合は機関名と視聴する方のお名前、個人会員の場合は会員氏名、を記載して、件名に「第11回講演会配信希望」として送信して下さい。

申請先メールアドレス 庶務担当:shomu@foodsafety-bikyo.com ※クリックするとメーラーが立ち上がります。
メールのタイトル 第11回講演会配信の閲覧希望
メールの内容 第11回講演会配信の閲覧を希望します。
(申請事項)
会員番号:
会員名:
※団体の場合は機関名称と申請者の個人をご記入ください
(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

「食の安全と微生物検査」第11巻第1号を発行しました 新着情報

特定非営利活動法人食の安全を確保するための微生物検査協議会の会誌「食の安全と微生物検査」は第11巻第1号として、「2021年度講演会抄録特集号」を発行しました。技術レポートには“技術レポートシリーズNo18 HACCPの制度化に向け5”として、一般財団法人機能水研究振興財団 理事長の堀田 国元 先生らに『塩素系食品添加物殺菌料の有効塩素濃度測定法の課題と進歩』を書下ろしていただきました。堀田先生が初めて公表される内容が含まれており、大変貴重なレポートとなっています。

会誌「食の安全と微生物検査」は第11巻第1号が、2021年5月26日に発行されました。
第1号は講演会抄録特集号ですが、主な収載内容は以下のとおりです。

特集:2021年度講演会抄録特集号
食品衛生に係る最新の話題 ~国産食品輸出促進への取組みとカンピロバクター対策~
講演1 農林水産物・食品の輸出促進について ―輸出先国の安全規制への対応―
道野 英司 先生(農林水産省 大臣官房審議官(併 食料産業局、厚生労働省医薬・生活衛生局))
講演2 鶏肉等におけるカンピロバクター汚染低減対策とその有効性評価について 
朝倉 宏 先生(国立医薬品食品衛生研究所 食品衛生管理部長)
技術レポート シリーズ No18 HACCPの制度化に向けて Ⅴ
塩素系食品添加物殺菌料の有効塩素濃度測定法の課題と進歩
堀田 国元 先生 (一般財団法人機能水研究振興財団)、他
定期通信
第47号、第48号
協議会からのお知らせ
2021年度事業計画、2021年度活動予算書、2020年度事業報告(案)

技術レポートでは、この6月に完全施行されたHACCPの制度化に対応するため、“HACCPの制度化に向けて”の第5弾をお届けします。昨年11月の第4弾では、堀田先生に“殺菌性機能水-次亜塩素酸水を中心に-”をご執筆いただきましたが、今回は有効な残留塩素濃度の測定の問題点とその解決に向けた新たな取り組みについて、本邦初の情報も含めて書き下ろしていただきました。食品を取扱う現場で殺菌料に塩素系を使用しておられる現場の方には、必携の一文になると思われます。

会誌「食の安全と微生物検査」第11巻第1号はこちらよりお申し込みいただけます。

(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

2021年度の研修会(講演方式)の日程が決まりました 新着情報

2021年度の講演方式による研修会は、下記の要領で開催します。講演会と同様にLive配信も予定しておりますので、全国どこからでも移動時間を気にせずにご参加いただけます。

プログラムは決まり次第、ホームページでお知らせしますが、新しい微生物同定法に関する話題、カンピロバクターに関する話題、ISO17025に関する話題などを予定しています。

講演名 2021年度 研修会(講演方式)
日時 2021年11月25日木曜日
場所 中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)
(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

2021年度の実技研修会の日程が決まりました新着情報

実技研修会(基礎編)は、2022年1月27日木曜日~28日金曜日に開講する予定です。実施に向けた準備が整いましたら、ホームページなどを通じてご案内いたします。

食品微生物検査に初めて就かれる方、検査技術のレベル向上させたい方、などに適している内容です。受講が望ましいと考えられる方がおられましたら、是非、ご予定下さい。 

2022年度の総会・講演会の日程が決まりました 新着情報

2022年度の総会・講演会は、下記の要領での開催を予定しています。皆様のご予定に加えていただきまして、できるだけ多くの方のご参加をお願いいたします。

なお、午前中に予定している「総会」につきましては、ご参加いただく正会員の皆様の利便性を考慮して、日時と場所を変えて、別途に開催することも検討しています。詳細は2022年3月頃にご案内させていただく予定です。

講演名 2022年度 総会・講演会
日時 2022年6月10日金曜日 総会:午前、講演会:午後
場所 中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)
(更新:2021.6.12)

» このページのTOPへ

 

定期通信第48号にQ&Aを追加しました

3月15日に開催された2020年度研修会の聴講録は、定期通信第48号として先に掲載しました。この度、パネルディスカッションにおける議論に加えて、演者の坂元仁先生及び細谷幸恵先生並びにオーガナイザーの稲津康弘先生のご協力による追加コメントを加えた「定期通信第48号 Q&A」を作成しました。

定期通信第48号に加えて掲載しましたので、是非、ご覧ください。

⇒ 定期通信第48号 Q&Aはこちら

(更新:2021.5.6)

» このページのTOPへ