会誌「食の安全と微生物検査」 第12巻 第2号「検査マニュルXIV」

会誌「食の安全と微生物検査」 第12巻 第2号

会誌「食の安全と微生物検査」
第12巻 第2号

頒布価格:3,000円

目次 ページ
PCR法によるスクリーニングを応用した食品従事者糞便の腸管系病原菌検査マニュアル
はじめに
P.1
1. 検査の概要 P.2
2. 器具、装置、試薬
(1) 試料の調製およびPCR法
(2) 菌分離のための培養法
P.3
3.糞便懸濁液作製と集約
(1) 用手法
(2) (2) 自動装置を用いた方法
P.5
3.糞便懸濁液作製と集約
(1) 用手法
(2) (2) 自動装置を用いた方法
P.5
4.PCR法によるスクリーニング検査
(1) 融解曲線解析法
(2) プローブ法
P.7
5.PCR法による遺伝子検査の精度管理
(1) 内部精度管理
(2) 外部精度管理
(3) 教育
P.10
6.PCR法により陽性となった検体の培養法による確認
(1) 赤痢菌の分離・同定
(2) サルモネラ属菌の分離・同定
(3) 腸管出血性大腸菌の分離・同定
P.10
資料:
1. バッチ法による糞便検査で考慮すべき問題点
(1) 排菌量
(2) 腸管系病原微生物の保菌率
(3) PCR法による検出感度
P.16
2. 腸管系病原菌(赤痢菌、サルモネラ属菌、腸管出血性大腸菌)遺伝子検出用 遺伝子試薬の販売会社と特徴 P.16
3. 糞便からのバッチ法による腸管系病原菌(赤痢菌、サルモネラ属菌、腸管出血性 大腸菌)検査法に関わる論文・報告 P.18
写真 P.20
謝辞 P.26
会誌のご案内
PCR法によるスクリーニングを応用した食品従事者糞便の腸管系病原菌
検査マニュアル検討委員会
委員長
 伊藤 武 / 一般財団法人東京顕微鏡院
委員
 泉谷秀昌 /国立感染症研究所 細菌第一部第二室
 甲斐明美 /公益社団法人日本食品衛生協会 食品衛生研究所 
 柿澤広美 /一般財団法人東京顕微鏡院 臨床微生物検査部 
 小西典子 /東京都健康安全研究センタ- 微生物部
 佐伯和美 /株式会社BMLフ-ド・サイエンス 検査本部
 八田守貴 /株式会社町田予防衛生研究所 衛生検査部
お問い合わせ
特定非営利活動法人 食の安全を確保するため微生物検査協議会 事務局
〒190-0011 東京都立川市高松町1-100-55
TEL・Fax: 042-529-6256 / e-mail: info@foodsafety-bikyo.com
会誌の入手方法についてはこちらをご覧ください