更新情報

2022年5月10日
定期通信第53号を掲載しました
2022年度講演会のプログラムが確定しました
2022年3月21日
2022年度総会が開催されます
2022年度講演会のプログラムが決まりました
2022年1月25日
2021年度実技研修会を中止させていただきました
2022年1月20日
定期通信第52号をお届けします
2021年12月4日
第17回研修会(講演)が開催されました
会誌第11巻第2号、第3号が発刊されました
2021年度実技研修会の申込みを締め切りました
会員アンケート調査にご協力いただき、ありがとうございました
2022年度の研修会の開催日が決まりました
2021年10月8日
定期通信第51号をお届けします
2021年8月22日
2021年度の研修会のプログラムが決まりました
定期通信第50号をお届けします
定期通信第49号をお届けします
2021年度の実技研修会の実施要領が決まりました
2021年6月12日
2021年度の総会が開催されました
第6期の役員が選任されました
2021年度の講演会が開催されました
食の安全と微生物検査 第11巻第1号を発行しました
講演会はアーカイブ配信でご覧いただけます
2021年研修会(講演方式)の日程が決まりました
2022年度の総会・講演会の日程が決まりました
2021年度の実技研修会の日程が決まりました
2021年5月6日
2021年度の総会及び講演会の開催について
定期通信第48号Q&Aを掲載しました
2021年4月8日
定期通信第48号をお届けします
2021年3月24日
2021年度総会が開催されます
2021年度講演会のプログラムが決まりました
研修会が開催されました
研修会の講演等がVimeoを通じてご覧いただけます
会誌「食の安全と微生物検査」第10巻第3号が発行されました
2020年12月24日
2020年度研修会のプログラムが決まりました
定期通信第47号「2020年度講演会聴講録」が掲載されました
2020年12月8日
第3回微生物検査実技研修会(基礎編)は中止とします
2020年度講演会が開催されました
会誌「食の安全と微生物検査」第10巻 第1号・第2号が発刊されました
2020年9月25日
定期通信第46号をお届けします
2020年9月24日
延期されていた2020年度の講演会のプログラム・開催方法が決まりました
2020年7月23日
2020年度総会は書面開催にて実施しました
事業計画の変更について理事長からのメッセージをお伝えします
2021年度の総会・講演会の日程が決まりました
2020年5月6日
2020年度の講演会は日程を変更して開催いたします
2020年度総会は開催方式を変更します
2020年度研修会(講演方式)は日程を変更します
第3回 微生物検査実技研修会(基礎編)の日程が決まりました
2020年4月5日
定期通信第45号をお届けします
2020年4月1日
2020年度講演会のプログラムが決まりました
2020年度総会を開催します。
第2回 微生物検査実技研修会(基礎編)を開講しました。
2020年1月15日
定期通信 第44号をお届けします。

2022年度の総会を開催します 新着記事

特定非営利活動法人食の安全を確保するための微生物検査協議会 の2022年度定期総会を開催します。
正会員(個人及び団体)の皆様にはご出席をお願いいたします。
日時:2022年6月10日金曜日 10時00分から
会場:中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)2階席
4階で受付後、5階フロアにお上がりいただきます。5階が公会堂の2階席となります。

詳細は「お知らせ」をご覧ください

2022年度講演会のプログラムが確定しました 新着記事

日時:2022年6月10日金曜日12時15分~16時05分(開場11時45分)
会場:中央区立日本橋公会堂 4階ホール(日本橋劇場)
東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1 最寄駅:東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩2分 日比谷線、都営浅草線の人形町駅、東西線の茅場町駅もご利用いただけます。

プログラム: HACCP制度化から1年
総会の報告(定款の改定など)、開会挨拶 
■講演1  HACCP制度化から1年 ~現状と今後の課題~
 厚生労働省 医薬・生活衛生局 食品監視安全課 HACCP推進室
 福島 和子 先生
■講演2  食品関係事業者・消費者などが知っておくべき、チーズにおけるリステリアの挙動
 東京農業大学 応用生物科学部  化学科 教授
 五十君 靜信 先生
■講演3 ISO17025シリーズの第2回 各論1
 微生物試験のラボ管理実践編① ~培地と機器の管理〜
 一般財団法人日本食品分析センター 多摩研究所 微生物部 微生物研究課 
 課長 諸藤 圭 先生
パネルディスカッションと質疑 演者及び座長
新しい検査マニュアルのご紹介、理事1名の交代

申込み: お知らせの「参加申込フォーム」ボタンよりお申し込みください
入場料:2,000円(会員は無料)
資料:「会誌第12巻第1号」に収載されています。講演会参加者に限り、一人1冊は特別価格1,000円でご提供します。(会員には無料で提供されます)
Live配信での視聴:3,500円(資料代込み)・・・会員は無料で視聴できます。

詳細は「お知らせ」をご覧ください

定期通信第53号を掲載しました 新着記事

定期通信第49号

定期通信第53号は、五十君 靜信 先生による書下ろし原稿です。是非、ご覧ください。

詳細は「定期通信第53号」をご覧ください

第17回研修会(講演)が開催されました

2021年度の研修会(講演)「第17回研修会」は、11月25日木曜日 12時30分より、中央区立日本橋公会堂で開催されました。 今回の研修会はご案内の開始が9月はじめであり、新型コロナウイルス感染症の流行がまだおさまらない時期であったこともあり、会場には100名弱の皆様がお見えになった一方、Live配信には100名を超える方が参加されました。

はじめに、キユーピー株式会社 品質保証本部 食品安全科学センター長の宮下 隆 先生 から、“MALDI-MS微生物同定で革新する品質保証”と題して、MALDI-TOF-MSを用いた微生物同定の有用性について、様々な検査法と対比してお話をいただきました。

次に、内閣府食品安全委員会 委員長の山本 茂貴 先生 から、“食品健康影響評価のためのリスクプロファイル-鶏肉等におけるCampylobacter jejuni/coliについて”と題して、主に鶏肉の生産・加工・流通・提供・消費の各局面におけるリスクと取りうる対策についてお話をいただきました。

三番目に、AOAC INTERNATIONAL JAPAN SECTION 元会長で(公社)日本食品衛生協会 技術参与の森 曜子 先生から、ISO17025シリーズの第1回として“ISO/IEC 17025 序論-国際標準として求められるラボラトリの能力とは-”と題して、ISO17025の歴史からラボとしての取り組み方、考え方についてお話をいただきました。

3名の演者と座長の甲斐 明美 先生、豊福 肇 先生、土屋 禎 先生によるパネルディスカッションも行われました。研修会における講演の内容は会誌第11巻第2号を入手されましてご覧ください。

なお、研修会の“聴講録”は定期通信第52号として掲載されていますので、併せてご覧ください。

詳細は「お知らせ」をご覧ください

「食の安全と微生物検査」第11巻第2号、第3号が発行されました 新着記事

 


会誌「食の安全と微生物検査」第2号は、2021年度研修会の抄録特集号として第11巻第2号が発行されました。3名の演者の抄録、スライドハンドアウトが収載されています。


会誌「食の安全と微生物検査」第11巻第3号は、情報提供委員会の甲斐 明美 先生と工藤 泰雄 先生がまとめられた、「世界における食中毒情報第19版」です。2020年までの最新の情報を網羅した、貴重な一冊です。他では絶対に手に入らない世界各国・地域の統計数字が納められています。


会誌をご希望の方はこちらからお申し込みください


詳細は「お知らせ」をご覧ください

定期通信第52号を掲載しました 新着記事

定期通信第49号

定期通信第52号は、2021年度研修会の聴講録です。抄録とスライドハンドアウトが掲載されている、会誌「食の安全と微生物検査」第11巻第2号とあわせてご覧ください。

詳細は「定期通信第52号」をご覧ください

2021年度実技研修会を中止させていただきました 新着記事

2021年度実技研修会

1月27日~28日に開講を予定し、多くの方にお申込みをいただきまして既に申込みを12月初めに締め切らせていただいておりました、2021年度の「実技研修会(基礎編)」は中止させていただきました。

年明けから新たな変異株であるオミクロン株が世界的に流行し、我が国でも急激な感染拡大が発生しました。 東京都では1日に1万人を超える新たな感染者が発生する事態となり、東京都からは人流の抑制を強く求められる状況となりました。 当協議会では理事会において改めて検討し、昨年度に続き、今年度も開催を断念せざるを得ないとの結論に達しました。 お申込みをいただいた方には既に個別にお知らせを差し上げましたが、開催することができず誠に申し訳ありません。

諸事情をご賢察いただきまして、ご了承を賜りますようお願い申し上げます。なお、来年度こそ、開催したいと考えておりますので、その際は是非ご利用ください。

実技研修会の開催にあたり、ご協力をお願いしておりました賛助団体会員の皆様にも、既にご準備をいただいていたかと思われますが、 ご迷惑をお掛けする結果となり、ここにお詫び申し上げます。来年度の開催に向け、是非ともご協力を下さいますようお願い申し上げます。

アンケート調査へのご協力、ありがとうございました 新着記事

当協議会の運営に携わる理事会へ、様々なご意見をいただいております。そのなかで、法人名称に関する問題提起もありました。理事会で議論を重ねまして、会員の皆様へ「理事会としての問題意識」、「理事会としての方向性」などともに、「講演会等で取り上げることを希望するテーマ」について、アンケート調査を実施させていただきました。

多くの会員の皆様からご回答をいただきました。ありがとうございました。
理事会では皆様からの貴重なご意見を踏まえまして、さらなる議論を重ね、2022年度の総会において定款の変更案をご審議いただくことを予定しております。

定期通信第51号を掲載しました

定期通信第49号

定期通信第51号は、尾上洋一理事の書下ろし、「2020年の食中毒発生状況と新型コロナウイルス緊急事態宣言との関わりに関する一考察」です。是非、ご覧ください。

詳細は「定期通信第51号」をご覧ください

2022年度の総会・講演会の日程が決まりました

2022年度講演会

日時:2022年6月10日金曜日 総会:午前、講演会:午後1時
会場:中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)
正会員の皆様には、午前中に開催されます総会にもご出席をお願いいたします。
講演会は皆様のご予定に加えていただきまして、是非ともご参加ください。


2022年度の研修会の日程が決まりました 新着記事

2022年度研修会

日時: 2022年11月24日木曜日 
会場: 中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)  
皆様のご予定に加えていただきまして、是非ともご出席ください。 


ご案内

総会・講演会のお知らせ

2022年度 総会

正会員(個人及び団体)はご出席ください。
日時:2022年6月10日金曜日 10時00分から
会場:中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)2階席

2022年度 講演会

日時:2021年6月10日金曜日12時15分~16時05分(開場11時45分)
会場:中央区立日本橋公会堂(最寄駅:水天宮前、人形町)
プログラム: HACCP制度化から1年

定期通信

定期通信 第53号

定期通信第53号は、五十君 靜信 先生による書下ろし原稿です。是非、ご覧ください。

会誌のご案内

会誌発刊
「食の安全と微生物検査」
第11巻 第2号

2021年度研修会の抄録特集号として第11巻第2号が発行されました。

会誌発刊
「食の安全と微生物検査」
第11巻 第3号

会誌「食の安全と微生物検査」第11巻第3号は、「世界における食中毒情報第19版」です。


会誌購入をご希望の場合はこちらをご覧下さい

本協議会の会員には会誌が無料で配付されますので、ご入会をご検討下さい

総会・講演会のお知らせ

2021年度研修会が
開催されました

2021年度の研修会は、11月25日木曜日12時30分より、中央区立日本橋公会堂で開催されました。 講演の内容は定期通信第52号および会誌第11巻第2号を入手されましてご覧ください。

定期通信

定期通信 第52号

定期通信第52号は、2021年度研修会の聴講録です。是非、ご覧ください。

総会・講演会のお知らせ

2022年度の研修会

2022年度の研修会(講演)の日程が決まりました
日時: 2022年11月24日(木)
会場: 中央区立日本橋公会堂(中央区日本橋蛎殻町)


特定非営利活動法人 食の安全を確保するための微生物検査協議会
電話・Fax:042-529-6256 / Mail:info@foodsafety-bikyo.com